嫌い避け 女性 職場

職場で嫌い避けする女性の特徴

スポンサーリンク

 

職場にいる女性のことが気になるという男性は珍しくありません。
これは世の中の夫婦の少なからずが社内恋愛を経て結婚しているからです。
 しかし、話しかけても相手の反応が芳しくなく、何となく避けられているような感じがした場合は、嫌い避けを疑うようにしましょう。
 嫌い避けとは、その名称にあるように、嫌いな相手のことを避ける行為を指します。
 一般に、これは男性もするものだとされていますが、女性の場合は好き嫌いの反応が表面に出やすいため、すぐに分かるものだとされています。
 まず、彼女たちは嫌いだと感じている相手に注意や関心を払うことが殆どありません。
目を合わせようとしてこないのであれば、その可能性は高いといえます。
 しかし、何かの偶然から目が合ったときに、頬を赤らめてうつむかれた場合は、嫌い避けではなく好き避けをされていると考えて差し支えありません。
 俗に目は口ほどにものを言うと言いますが、職場恋愛においてそれは真実なのです。

スポンサーリンク

 

 職場にいる女性となれば、仕事柄話をする機会が多いものですが、そのときの反応から相手の心理を読み解くすべがあります。
 こちらが雑談を振っても反応が鈍く、無視されることが多い、腕組みや足組みをした姿勢で話を聞くという場合は、嫌い避けされていると考えた方が無難です。
 これは相手への関心がないのと、無意識のうちに身を守ろうとしているから、そんな姿勢を取っている可能性が高いからです。
 また、こちらが誘いをかけても、別の女性同僚の方にそれを持ちかけるように言ってきた場合も、遠回しに嫌いだと言っているのと同じになります。
 メールを送ったのに、無視されることが多かったり、返事が極端に遅れるというときも同様です。
彼女たちはそうすることにより、自分の気分を表しているのです。
 職場での恋愛とは、双方に理解や好意があることにより成り立つものです。
このような反応が複数見られる場合は、何故嫌われているのかを考えて、そこを改善するようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

職場で嫌い避けをする男性とは
女の好き避けの特徴や見分け方や心理あれこれです。