女性 好き避け 重症

女性の好き避けが重症になると・・・?

スポンサーリンク

女性の好き避けが重症になると・・・?

 

相手のことが好きなのに、正直にその気持ちを表現できず、本心とは裏腹な行動を取ってしまう。好きなのに避けるような行動に出る、これを「好き避け」と言います。

 

好きな人と目を合わせない、話す機会があってもそっけなく接する。電話やメールができるまでの仲になったのに、これもまた冷たい返事をしたり、返事すらしなかったり・・・と、好き避けをするときの特徴はこんな感じです。

 

好き避けをするのには色々と理由がありますし、心を楽にして思い切って相手へアピールしてみよう、というのが難しいのも納得できます。そんなに自由に気持ちを表現できるなら、恋愛に困る人はいないでしょう。しかし、いつまでも好き避けで思わせぶりな態度を見せているわけにはいかない、というのが現実です。

 

好き避けを続けていくといずれ重症化していきます。女性の好き避けが重症化するとどうなるか、見ていきましょう。

スポンサーリンク

男性は女性の気持ちにしょっちゅう振り回されるものです。好き避けも最初のうちは振り回されつつも相手に惹かれていく、そんな都合の良さがあります。恋愛において、男性は追いかける立場、女性は追いかけられる立場です。女性が逃げれば逃げるほど、男性は追いかけて自分のものにする喜びを見出すのです。そんな意味では、女性の好き避けは理にかなったものだと言えるのかもしれません。

 

しかし、いくら男性とは言えど、ずっと追いかけるのは疲れるものです。女性の好き避けが重症になると、男性は疲れてその女性のことを諦めるようになります。または、男性は女性に嫌われていると思い、なるべくその女性とは関わり合いにならないようにするかもしれません。こうして好き避けに疲れた男性は、癒しを求めて割と簡単に付き合える他の女性を選ぶ、ということもあります。

 

ですから、女性の好き避けはやりすぎないことが肝心です。いくら気持ちを伝える自信がなくとも、男性だっていつまでの女性の勇気が出るのを待っているわけにはいかないのです。相手の気持ちも考えつつ、有効な程度にとどめていきたいものですね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加