好き避け 挨拶ができない 女性 対処法

好き避けで挨拶ができない女性への対処法

スポンサーリンク

好き避けで挨拶ができない女性への対処法

 

好きなのに避けるような態度をとる、これを一般に「好き避け」と言います。好き避けの実態としては、連絡を無視する、会話中に終始そっけない態度になる、目を合わせない・・・など、文字通り避けているような感じになります。それでも相手のことが嫌いではないので、何らかの好意のサインを送ってくることがあるようです。

 

こうした好き避けは、男性より女性が頻繁に用いる方法です。自分に自信がなくて恋愛に奥手なタイプが、好きな人を目の前にしてついやってしまう感じです。恋愛漫画やドラマでも、そんなシーンがよく目の辺りにされていますよね。

 

厄介なことに、挨拶すらまともにこなすのが難しい好き避け女子もいます。こんな女性にどう対応したらいいか、お話していきます。

スポンサーリンク

挨拶はお互いのことを知るためにも一番基本的で大事な手段ですよね。それができないとなると、もう相手とは脈なしだと思えてしまうかもしれません。何気ない挨拶から自然に会話に入っていきたいのに、それすらできないとなると、色々と難しいですよね。

 

ただ、好き避けで挨拶する場合は、よほど相手のことが好きなケースも考えられます。普通は多少の好意があるなら、内気でも挨拶くらいはできるはずです。嫌いでもないのにそれすらできない場合は、相手のことが好きなのにどうしていいかわからない、それだけ好きな気持ちが強い、と考えることさえできるのです。ですから、挨拶をしてくれないならかえって脈アリだ、ということもあながち否定できないですよね。

 

こうした状況を打破するために、相手に無視されるのを覚悟で積極的なアプローチを行いましょう。自分からアプローチを仕掛けることで、相手の緊張した心をほぐしてあげるのです。最初は無視されっぱなしですが、徐々に女性のこわばった態度が軟化されていくのがわかるでしょう。ただし、女性に負担をかけない程度に慎重に行うのがベストです。まずは軽い会釈から試してみるのがいいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加