line ブロック 好き避け

lineをブロックされた!これは好き避け?

スポンサーリンク

 lineをブロックされた!これは好き避け?

 

好きなのに避けるような態度をとる、これを「好き避け」と言います。本当は好きだけれど相手にその気持ちを正直に伝えられないあまり、本心とは裏腹の冷たい態度になってしまいます。会話中のそっけなさや挨拶の無視、目を合わせない、電話やメールの無視などが、好き避けの具体例によくあがります。

 

また、最近ではチャットツールlineが人気ですが、こちらを使って好き避けをする人がいる・・・?と話題になっています。本当にそうなのか、探ってみましょう。

 

lineはSNSに近い形のチャットツールで、嫌だと思う相手をブロックして連絡を断つことができます。嫌いな人からメッセージが届くのは嫌な場合は、とても便利なツールですよね。lineをブロックされた場合、好き避けなのか嫌われているのかわかりづらいですが、どんな風にブロックされているかでどちらかを見分けることができます。

スポンサーリンク

頻繁にブロックしてくる場合は、好き避けの可能性が高いと言えます。ブロックする頻度は高いけれど、完全にそうするわけではないことがありますよね。ブロックしておきながらも時々元に戻し、また時々ブロックする・・・という場合は、あなたの気持ちを引くための好き避けである可能性が高いでしょう。

 

男性の場合、女性から避けられるような態度をとられると、ついつい振り回されてしまうものです。男性は恋愛において追いかける立場なので、逃げられるような素振りを見せ付けられると気になって仕方がないのです。それを女性はよくわかっているので、ブロックして相手に気にしてもらい、徐々に距離を縮めていく・・・という方法を使うことがあるそうです。

 

逆に、ブロックしたまま元に戻らない場合は、単純に嫌われていると考えられます。女性は嫌いな人間とは少しでも空間を一緒にしたくないものなので、かかわり合いになる機会を極力減らします。この場合はこちらも何もしないほうがいいでしょう。

 

うっかり振り回されるlineのブロックも、様子を見るとどんな動機が見え隠れしているかがわかりますね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加