女性 好き避け 気まずくなるとき

女性の好き避けで気まずくなるときは

スポンサーリンク

女性の好き避けで気まずくなるときは

 

本当は相手のことが好きなのに、気恥ずかしさや内気な性格からどうも素直になれず、ついつい避けるような態度をとってしまう。これを「好き避け」といいます。

 

話しているときに素っ気なかったり、目を合わせなかったり。メールや電話を無視されたり、お出かけのお誘いを断られたり。ひどいときは挨拶さえしてくれないこともあります。でも、完全に避けているわけではなさそうで、ちょっと気があるような素振りを見せてくる・・・好き避けというものは本当に厄介なものですよね。特に女性が使う方法のようで、恋愛に関してはまっすぐアプローチ主義の男性は振り回されてばかりです。

 

しかも、一番つらいのはその場が気まずくなることです。女性の好き避けで態度がそっけないと、その場の空気が悪くなってしまいます。また、周りに人がいるときなどはなおさらですよね。ここで、女性に好き避けをされて気まずいときにどう振る舞うべきかをお話します。

スポンサーリンク

大事なことは、女性の好き避けに振り回されないことです。こういう煮え切らない態度に振り回されていると、女性の方も気まずく感じて好き避けがエスカレートしていきます。女性に惑わされれば惑わされるほど、女性のペースに持って行かれてしまうのです。そのため、あくまでも自分のペースを崩さずに接することが一番です。

 

女性が好き避けしていると思ったら、余裕を持って接するようにしましょう。そこまで女性に気を使いすぎず、淡々と接していれば大丈夫です。完全にこちらも冷たくなるわけでもなく、あくまでも当たり障りのない程度に気長く付き合っていることで変化がある場合もあるからです。

 

周りに人がいる場合も、振り回されずに堂々としていることが大事です。女性にそっけなくされて慌てている自分を見られるのは、さすがに恥ずかしいですからね。他人への印象を決定づけるものは、間違いなく自分の反応の仕方なのです。「そういう人だから、仕方がない」とでも言うように平気な様子でいれば、その場の気まずい空気もなんとか乗り越えられます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加