好き避け 気まずい 避けられるとき

好き避けが気まずい!避けられるときは

スポンサーリンク

好き避けが気まずい!避けられるときは

 

本当は相手のことが好きなのに、何故か素直になれない・・・そんなとき、女性は「好き避け」という手段を使います。

 

好きな相手と話すことができたのに、異常に口数が少なくなったり伏し目がちで話したり。メールや電話をなかなか返せなかったり、ひどいときには挨拶もできなかったり。恋愛系のドラマや漫画でよく見かけるシーンですが、現実世界でも同じことですね。女性にしても、好きでこんなことをしているわけではないのですが、その場の照れや戸惑いからついついこんな態度になってしまうのだとか。

 

一方、男性は恋愛アプローチに関してはストレート主義、駆け引きや小細工なんて邪道ですよね。そんな男性が女性に好き避けをされたら、その場の空気が気まずくなってしまうはず。ここで、女性に好き避けをされて気まずくなったときの対処法をお話します。

スポンサーリンク

まずは、その女性を「この人はそういう人だ」と認識してあげることが大事です。好きな人に対して本音が出せない、とあらかじめ理解していると、実際に避けられるような態度をとられてもある程度平気でいられます。男性にとっては混乱ものですが、ここで混乱の原因をあれこれ探るのは禁物です。落ち着いた対応をするためには、女性の気持ちをそのまま理解することが一番です。

 

それがわかったら、余裕を持って女性と接してみましょう。ゆっくりと女性のペースに合わせ、急がずに徐々に距離を縮めていきます。あなたもその女性に気がある場合は、友人関係から順調にステップアップしていくのがベストです。

 

焦らず急がず、緩やかなペースで女性の緊張をほぐしてあげると効果的です。軽い冗談を交わして女性を笑わせてあげるといいでしょう。気まずい雰囲気をネタにして笑いを誘うのもいいかもしれませんね。ちょっとした冗談がその場の空気をがらっと変えてくれるものです。ただ、女性の緊張がちょっと和らいだからといって、一気に恋愛モードに進むのはNGです。

 

女性に避けられると確かに気まずいですが、落ち着いて余裕を持つとぐんと楽になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加